Diversion

俳優であり、珈琲豆焙煎人でもある宇高海渡のユルかったり熱かったりするblogです。

あの日を製作するにあたって〜2

 

どぅも!海渡です。

 

f:id:kaito91actor:20200123123839j:image

坊っちゃん劇場企画マネージャーのミチコ氏と。

 

元旦から13日までの公演を終えて、11日間の長期休暇を堪能する日々。

 

その間、引きこもり体験に味を占めた私はまたしても引きこもりそうになり、いかんいかんと最低1時間のトレーニングを欠かさないように努めました。足らんよなあ、やっぱ。身体は鈍り続けるばかりです。もちっと質上げるか。

 

 

あの日のメンバー梶さんは東京(次回作の読み合わせも)へ、愛子ちゃんはアウトリーチ事業部のお仕事が、1月末の卒業までのラストスパートで大忙しなので。各自でセリフや段取り確認期間です。

 

さて、今回はあの日を製作するにあたって、もう本番はすぐそこに迫っていますが、どんな思いでこの公演を行おうと思ったかを書いてみようと思います。

 

まず、これから坊っちゃん劇場で働いてみたいなあ、と思っている俳優さんに向けて、こんなことも出来るよ❗️という実績作りがしたかったという事が大きな理由の一つ。

坊っちゃん劇場の俳優が完全オリジナルの台本・ストレートプレイで劇場隣のシアターnestを使って公演した実績は、まだ数回しかないんでないかな?もしや、初?というレベルなので。

イベントの出演やその他の劇場から依頼される仕事だけでなく、自身のやりたい事や能力を発揮できる場所、あるよって。

自分のレベルや興味、関心に合わせてクリエイティブな作業、チャレンジを増やす土壌はあるよ。それは、するもしないも自分自身が決められます。

 

個人的に坊っちゃん劇場に出演される俳優さんには、その機会を有効に活用して欲しいし、アートヴィレッジとうおんがそういう場所としてもっともっと活用されていって欲しい、という願いもあります。

 

また、あの日の公演を2/9に設定したのにも理由があります。

 

普段劇場でのお仕事でバタバタしている所に、完全オリジナルの作品作りの時間を設けるという事は、体力と主体性が必要です。

私のプロデュース公演に参加して頂く、という事は、いわばわがまま(笑)なお願いに、大切な能力と時間を使って頂く訳なので、絶対に稽古と本番で能力を思い切り発揮して、楽しんで取り組める、全員が必ず成長できるスケジュールを組みたかったというのが大きな理由の一つです。

 

少し話は逸れますが。

1、2ヶ月の間に5本以上の台本を抱え、台詞や段取りの確認を同時進行しながら現場に向かう。

第一線の現場で活躍されている方達であれば、そういった働き方をしている方ばかりです。

 

そうでないと、それだけを仕事にして生きていかれないから。

それだけ、その人自身に需要があるから。

売れる時に出来るだけ売る、その人の体力が続く限り。それが所属事務所の方針だからという場合もある。

 

ただ、私自身はこの働き方に疑問を持っていて。

人間を体現する事って、そんなに簡単ではない。

誰かの浅い印象にも残らない、一時的な安い感動の為の「使い捨て」の様な、次から次へと処理されるものの様に扱われる役の人物や俳優って、何なんだろうと思ってしまうのです。

たった一ヶ月という時間で、間に合わせた役の人物って、そんなに人を感動させられる力を持つのか?私の経験上、それを実現した人はほぼいません。

追記(↑これには、その人自身がどういった演技術や舞台の使い方を学んだか、師匠や目指す人が誰なのかに依るところが大きいので、学びの質と時間が高い程、短時間でアプローチがしやすくなるという実績はあります)

 

何ヶ月、何年という歳月を掛けて訓練をし、役作り=人物に近づく、自分が役の人物そのものになっている=当事者である状態を作り出せる。その上で舞台上、カメラの前で人間同士の関係性を構築してこそ、心を動かされるし、その人の表現に時間とエネルギーを使えて、貢献できて良かったと思う。それは関わる作品の共演者として、あるいはいち観客として、そう感じます。

多分その点においては、視点を変えれば私は俳優の適性が無いとも言えるかもしれません。

だって、それじゃ商売成り立たないじゃんっ!でおしまいになりがちな話だから(笑)

 

 

あの日という作品は、約10ヶ月かけて、ゆったりと宇高、梶、山田の3人の俳優が、それぞれの役と向き合い、稽古を重ねてきました。

 

その為、役の人物に近づく、人物の中に自分を見出す、あえてそれらしくない表現をやってみる、など。自分たちにとって、お客さんにとって面白い瞬間になりそうな実験を試すことが出来ました。

 

それが全ての人にとって、面白い、興味深いかどうかは保証出来ません(笑)

ただ、私達のベストをお届けします。

 

f:id:kaito91actor:20200123123806j:image
f:id:kaito91actor:20200123123810j:image

 

チケット予約、承っております。e-mailでお申し込みの際には、お名前、ご住所、電話番号、チケット枚数の明記をお願い致します。

 

TEL 089-990-7210

e-mail f91botchan@gmail.com

 

どうぞ宜しくお願いします。

 

長文になっちゃった!お付き合い頂き、ありがとうございました😊では、また。

 

休暇を使って引きこもり体験してみた 

どぅも、海渡です。

 

blogの更新はお久しぶりですね。皆さん、お元気ですか?私は先日誕生日を迎えて、気持ち新たにヤルキマンです。

 

f:id:kaito91actor:20191228151637j:image

 

さて、坊っちゃん劇場は21日に年内の公演を終え、長期休暇に入りましたが。

 

わたしはこの機会を使って、「あの日」の役作りの為に実家に帰り、絶賛引きこもり体験中です。

 

あの日で私が演じるトシ、という青年。とある出来事がきっかけで引きこもりになるという設定なのですね。

そこで、少しでもその要素を自分の身体に取り入れておきたいと思いました。

 

26日から28日まで、以前に約束していた人以外にはほぼ誰にも会わず、家でひたすらネットサーフィン、漫画、ゲームをローテーション。

朝は遅く起き、夜は朝日が登る手前に眠る。母にも協力して頂き、炊事洗濯をほぼ完全に任せました。これほどの罪悪感を感じたのは久しぶりです。母よ、有難う。

24時間で区切られた時間を、いわゆる「仕事」をしないでだらだら過ごせるこの環境にも感謝です。

f:id:kaito91actor:20191228152540p:image

 

【実践してみての感想】

 

普段、舞台とトレーニングで体を動かしまくっている私にとって、これはなかなかの苦行だな、と最初は思っていました。

しかし、人間とはどんな環境、状況にも適応するもの。2日目を過ぎてから、それが早くも当たり前の感覚に移行しつつあるのを感じました。

「このままではダメだ、もっとダメになる」と自分に言い聞かせるのですが、楽したい、出来るだけ労力を使いたくないと思い、それが行動に伴うと、人は身体がこうも動かなくなるのだと、あらためて実感しました。

 

普段様々なタスクをこなして生きている時間に比べると、時間が過ぎていくのが本当にはやくて、こんなにダラダラ過ごしているだけなのにおかしいなと(笑)それだけ中身の薄い時間の過ごし方をしているからかなあとも。これはあくまでも、私の感覚に依る感じ方ですが。

 

インターネットがある事で、なんとなく社会の一員として参加している、繋がっていると思っているけど、家からは一歩も出ていないという(笑)おかしい状況。心が動かなくなるのも無理ないなあ、と。

 

私自身の芯の部分で、身体が動かしたくても動けない、動かしたいと思っている方もいる世の中で、私は一体何をやってるんだ?と情けなく感じる感覚は、最初から最後まで抜けませんでした。しかし、これが1ヶ月、2ヶ月と時間が過ぎるにつれて、その感覚さえも失っていき、人に感謝する事だったり、社会と自分を繋ぐ居場所を作る意欲も無くなっていくということに、半ば恐怖を感じました。

 

このまま本当に引きこもりになる前に、この体験を終えようと思います。

 

これを2/9の本番に必ず活かします。

 

f:id:kaito91actor:20191228154038j:image
f:id:kaito91actor:20191228154045j:image

 

チケットの予約、承ります。お電話かe-mailにて、お問い合わせ下さい。e-mailでのお申し込みの際は、お名前、チケット枚数、お電話番号を添えて下さいね。

TEL ‭089 990 7210‬

E-mail f91botchan@gmail.com

 

ご予約、お待ちしています。

 

皆さんにとって、2019はどんな年でしたか?

私にとって2019は、沢山の挑戦と、失敗と、成長に恵まれた年であり、未来を見据える機会も多い一年でした。

晦日まで元気に、楽しい日々を。良いお年をお迎え下さい♫

 

宇高海渡

世の中おかしなことがぐるぐる

 

どぅも、お久しぶりです。海渡です。

 

f:id:kaito91actor:20191117232108j:image 

撮影:nari さん

 

おかげさんで毎日元気に虚構の世界に生きております。

 

さて。2019も残り一ヶ月と13日となりましたが…。

 

 

今年は皆さんにとってどんな年だったでしょうか?

 

実り多い年?それとも現状維持な年?

我慢の年?大きな事件、人生を変える出来事があった年?

 

f:id:kaito91actor:20191117234059j:image

 

私は、新しい事に挑戦した印象が強い年でした。 

 

現在坊っちゃん劇場で公演中の瀬戸内行進曲。この作品の中で私は、ほぼ「笑い」のシーンのみに登場しています。

笑い、とはお客さんに笑って頂きたいシーンという意味です。泣いて頂きたいところは「泣き」。

 

今まで経験してきた作品で、これほどお客さんに笑いを提供するシーンやキャラクターになる事がなかったので、今年はお客さんにとっての「面白いやつ」「お持ち帰りしたくなるやつ」を究めるチャレンジをしています。

 

また、公演以外の時間の使い方。

 

アップの強度を今までで最高のレベルに上げて、今まで以上のポテンシャルをどれだけ発揮できるか試してみたり。

 

ロシア語のオンラインレッスンを受講してみたり。

 

2020/02/09に公演予定のオリジナルの作品「あの日」プロデュースをしたり。

f:id:kaito91actor:20191117235058p:image

チケットお申し込みはこちらから

TEL  0899907210

Email f91botchan@gmail.com

 

どれも、これからの私を今よりも成長させてくれる良きトライです。

 

うちにはテレビが置いてないの(あえて置かない)ですが。興味本位でSNSやニュースを覗けば。やれ悲劇だ、不条理だと叫びたくなるような事ばかりがクローズアップされ、心が痛くなることもあります。若者たちが希望を持って生きるには、ちと厳しいナ、と。今の国内外の出来事を観察していると悲観的にもなりがち。

 

だからこそ、というか。こんなおかしな事が沢山ぐるぐるしている社会の中で、自身の幸せとはなんぞや?何の為に生きるのか?を極力気楽に考えてみるのも、悪くないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

大阪二泊三日の旅

どぅも、かいとです。

 

今回大阪旅を決行したのは二つの目的がありまして。

 

一つは、福島三部作を観劇するため。

も一つは、小学生からの親友と呼んでも良いであろう、Sとの再会のため。

 

f:id:kaito91actor:20190903153335j:image

 

まず、福島三部作は演出家、谷賢一さん率いるDULL COLORED POP (以下、ダルカラ)http://www.dcpop.org という劇団の公演ですが、客演に古河さんに椎名さんという、新国立劇場演劇研修修了生も出演していたこと、何より福島について、あの事故について、6時間の時間をかけてどんなドラマを展開するのか、これは観るっきゃないなと。

 

結論から先に言えば、私はこの作品を通して、演劇という装置、空間の使い方、人間同士の交流の可能性は本当に無限大だと感じるばかり。演出も俳優達のエネルギーも、全てが素晴らしい仕事でした。この日を機に、ダルカラファンになりました(笑)

3.11について、あの日の前後に起きたあらゆる日本の政治のあり方や、人間の業の深さ、原発関連の事件や事故、被災者、被害者の方の運命、あらゆる言葉達を3年間費やしリサーチして、さらにそれをまさにポップに、非常なる皮肉を混じえながらも切り込んでいく谷さんの心意気を感じた。

また俳優たちは、その心意気をより観客にパワフルかつ繊細に届ける為、リスクを取り続ける在り方を選んでいた。それは私にとって、演出のされ方、演劇のジャンルが違えどもシーンを、観客の共感を成立させられることの証明でもあった。

 

日本人である私たちは、決して無関心では居られない。

目を背けることは簡単、でも避けられない。

向き合っていく勇気を、少しずつ出していく。

 

まだまだ私の中で「語られたい言葉」はあるが、これだけにしておきます。

 

福島三部作を観劇した後はすぐ京都に移動して、小学生からの親友とも呼べるSに会いに行った。

Sは、両親の仕事の都合で一時的に愛媛にある祖母に預けられていた時期があった。

その時期に同窓で私と出会い、今でも時々こうして思い出したように連絡を取りあう。

f:id:kaito91actor:20190903160315j:image

 

今回は、前回から6年ぶり。

6年のうちに、お互いの人生にあったドラマを語らう。

f:id:kaito91actor:20190903160321j:image

 

彼は、昔から料理人としての夢を語っていた。

イタリアンや焼き鳥など、様々なジャンルの職場に身を置き、今はラーメン屋を開業する夢を持っている。

飲食業界という、これからの時代には修羅の道を進む彼が、成功する為に日々精進している話は本当に面白い。

 

お互い30代、男盛りの時代に突入し、ここからどんな道を歩んでいきたいか。どう散っていくかも語った。

 

色々な節目というものが人間にはあるが、私にとって彼との再会はまたその一つである。夜中3時まで、眠気まなこを擦りながら語らいは続いた。

 

次はまた5年後くらいか。それとももっと先か。いづれにせよ、お互いまた元気に、成長した姿で再会する事を誓った。

f:id:kaito91actor:20190903160924j:image

来年結婚する恋人がいるらしく、節約のために漫画喫茶に泊まるS(笑)エライ!

 

私も、頑張らなくては。では、また。

 

【晩夏の空 走る飛行機と 泣く娘っ子】

  空港に早めに着いて、暇なので先立つ飛行機でも眺めようと屋上に出た。

  松山空港の屋上は、いつも様々な人が飛行機を眺めたり外の空気を吸ってリラックスしたりしている。 

 

私はこの空間が好きだ。街と街を繋ぐ玄関口の、人生と人生の交差点の様な気がして。

 

  はしゃぐ子供たちに、老夫婦。屋上でも携帯を手放せない若者グループ。しかしながら、目前に控えた空の旅に、皆心なしか一様に浮き足立っている。 

 

私の近くに老夫婦と、孫娘がいた。 飛行機飛ぶね〜と祖父らしき方が娘を抱きながら話しかけているが、飛行機が飛び立つ前の準備走行を始めた時。いきなり堰を切ったように泣き出す彼女。 

 

それからも、今度行こうね〜アレに乗ろうね〜と祖母らしき方も話しかけるのだが、全然泣き止まない。ぐずりながらなにかを繰り返し喋っているが聞き取れない。 そして、あっという間に空の彼方へ去る飛行機。 

f:id:kaito91actor:20190901200807j:image

一体彼女に何があったのか。ただ飛行機の音が大き過ぎて怖くなったのか、それとも大事な人を見送りに来たのか。 あるいはどちらもなのか。いずれにせよ、彼女の大きな不安や悲しみを感じて、それを打ち消す喜びの時間がやって来ることを祈った。

 

色々なドラマが存在する交差点を後にして、大阪へ。  明日は朝から観劇。早めに寝ます。

あの日 を製作するにあたって 1

どぅも、海渡です。

 

f:id:kaito91actor:20190827123212j:image

 

今回は、私が脚本、演出、制作、道具製作、出演をする自主企画「あの日」について、書いてみたいと思います。こうやって書くと色々やってる感がすごい。要するにプロデュースです(笑)

 

この作品の出現の過程を書いてみます。

 

お遍路さんどうぞ(2016)の出演を終えてから、しばらく私は舞台から離れてベラルーシという国に3ヶ月間の留学と、その前後にバイト生活をしていました。

 

f:id:kaito91actor:20190827123709j:image

 

もっと沢山の人やもの、考え方に触れて、幅広い役の人物を演じられるようになりたい。その演技を身につけるための、私自身の「実体験ストック」を増やしたかったんです。

 

その生活の中で、色々な出来事や感情の振れ幅を体験していました。そうすると、私の中で「こんな人物がいて、こんなドラマがあって、こんな言葉を使ってて…」というシナリオの断片的風景が浮かび上がってきました。

 

その散らばったパズルのピースを繋ぎ合せていった結果、出来上がったものが「あの日」という作品でした。

 

f:id:kaito91actor:20190827123904j:image

 

出来上がった当初、今までには感じ得なかった「作品を生み出す」という事の素晴らしさ。

 

それと同時に「いったいこの子どうすりゃ良いんだろう」という新たな課題に出会いました。

 

私は「自己満足的な時間」を感じる舞台や音楽、ダンスなどのパフォーマンス、あるいは日常にありふれたナルシスティックな会話が苦手な部分があり、自分の表現においてもそういったものが起こる事を抑制する事が多いです。

伝える、という事は他者に影響し、活かすこと。

余程の意図や衝動がない限り自分本位な表現は律するという事に注意を払っています。

 

オリジナルの作品というのは、それそのものが「自分本位」なものです。思想、主義、展望、欲望…言葉の一つ一つが、作者のアイデンティティの断片であり、枝葉であり、塊である。それを自分が出演して、周りの人を巻き込んで、お客さんに見て頂く。それだけの価値があるものなのか。

 

とてもではないですが、作品を書き上げたばかりの私は、自身が生み出した初めての作品に対して、信頼出来ませんでした。

f:id:kaito91actor:20190827124209p:image

しかし、沢山の作品や考え方、人と触れ合う事で、私自身にしか見えてない世界を信じる、貫く、世界にぶつけてみるというのは、「有り」なのかもしれないと感じるようになりました。

f:id:kaito91actor:20190827124316p:image

むしろ、今まで沢山の作品を書いては上演してきた先輩方がどうであったのか、は分からないが、皆さん一番最初は不安だったり、反対に自信過剰だったりしながら、エイヤッ!と初演を経験されてるんだろうと。

 

それを色々な言い訳をつけて、避け続けるのは楽な選択肢だなぁ、と思ったんです。

 

迷った時には、苦しい方の道を選べ。その言葉が全身を巡りました。

 

だから、せめて現時点で出来る、この作品のポテンシャルを存分に発揮するための方法を探って、お客さんに届けてみようと決断するに至りました。

 

私はこの作品を出来る限り客観的に読んで、繰り返しその言葉に涙しました。そんな自身のナルシシズムにうんざりした時期もありました。

 

ただ、今は観に来てくださるお客さんにとって、その感動をしっかり分かち合えるよう、作品作りに取り組んでいます。

是非、会場に足を運んで頂ければ嬉しいです。

f:id:kaito91actor:20190827124639p:image

2020年2月に公演を予定していますが、今のところ回数は一回きりにしようと思っています。

 

また、こんなに書いておいて何なのですが、チケット予約方法などこれから告知していきますので(笑)しばしお待ち下さいませ。

 

では、また。

 

〜私にとって、ワークショップは参加者の方の中に眠る財宝を一緒に探す時間〜

8/3.4の二日間。

うっでぃの特別講座 演技の基礎 WS を行い、無事終えることが出来ました。

 

f:id:kaito91actor:20190804223244j:image

シェア&いいね&リツイートして下さった皆様、いつも応援して下さる皆様、心から感謝です。

おかげさまで、8名の勇敢な(笑)参加者の皆さんにご来場頂き、演技の基礎の知恵と実践を2時間かけてガイドしました。

 

f:id:kaito91actor:20190804223301j:image

初日も2日目も、贅沢にも小劇場をお借りして、ロビー・ステージ両方の空間を使い、身体表現と空間の使い方を中心に取り組みました。ありがたや!

f:id:kaito91actor:20190804223322j:image

 

参加者の方は、最初は
「何それどうやるの?どゆこと?は?」
という状態から

「ああなるほど、私ならこうやってみる」

「え?なんか身体が勝手に動いてくれる?何これ楽しい!不思議!」「なるほどそういう事か!」

というところへ。

指導者の私としては、答えを初めから渡すのではなく、参加者の方に自ら「発見して、トライしてみる」
能動的かつ、チャレンジングな時間になる事に重心を置いて。

f:id:kaito91actor:20190804223336j:image

 

お互いにとって、豊かで、実りある時間に仕上がったかと思います。
あらためて、私は「人の持つ魅力・個性をその人自身が発見する、再確認する時間、作業」のお手伝いが好きなんだと、心から感じました。

まだまだ指導者としても、プレイヤーとしても未熟ですが、20代の頃に比べて遥かに、お伝えする為の言葉選びだったり、ペース配分の上達を感じました。自己満みたいだけど本当、そうなんです(笑)

 

もし次の機会があるならば、参加者の方がどんな年齢層のギャップがあっても、どんな個性をもつ人であっても、その人にとって素敵な発見がある時間を提供したい、その体験が日常にも、芸術を味わう時にも活かせるような体験へ繋がるように。

 

f:id:kaito91actor:20190804223418j:image
そんな体験がお届けできるよう、私自身もまた、日々修練していきます。合唱!じゃない、合掌!ドゥーワー🎵🎵